看護専攻科


STEAMゼミ 優秀賞受賞!(看護科)

 

この度、清水ヶ丘高校看護科の生徒が、ダイワボウ情報システムSTEAMゼミ「教育の未来を考えよう~ICTで変わる10年後」に参加し、10年後にICTを活用した授業の企画の提案をしました。

発表内容は、高校生へのアンケートを実施したところ、心を動かされた偉人の言葉にあまりであったことがないが、心を動かされる偉人の言葉を聞いてみたいという気持ちがあるという結果がでました。このようなニーズを踏まえ、3Dホログラムの技術を活用して偉人を学校に招致をし、対談をおこなう「偉人学」という学問を提案しました。

もしかすると5年後には実現可能ではないが、10年後には実現できそうな内容であると評価され、参加した11グループの高校や大学の中から優秀賞をいただきました。

7月28日に大阪で開かれるシンポジウムの表彰式に参加します。

放課後の時間を活用し、学年を超えて協力して作り上げた発表でした。みんな大変よく頑張ってくれました。



第71回看護学生スポーツ交流大会 広島・呉地区大会への参加

 

 令和4年5月25日(水)、第71回看護学生スポーツ交流大会 広島・呉地区大会に、本校看護科専攻科が参加しました。この大会は新型コロナウイルス感染症の影響で2年ぶりの開催(Web開催)となりました。本校学生は初めての参加となりましたが、学校紹介や応援合戦の動画で、なんと第3位となりました。

 

  専攻科の学生たちは授業や臨地実習、国家試験対策に追われる日々を過ごしていますが、他学年と力を合わせた発表の評価を受け喜びを分かち合うことができました。スポーツ交流大会を通して、チームワークの大切さを学ぶことができ、今後の学校生活にも生かされると思います。



看護師国家試験を受験するみなさんへのメッセージ

 

 清水ヶ丘高等学校へ入学して5年間,看護師への道のりは楽しいことばかりはなく,時には辛いこともあったことでしょう。看護師国家試験を目前に不安な気持ちでいっぱいだと思います。これまで支えてきてくださった保護者,指導し貴重な機会を与えてくださった実習施設の方々,共に学び支え合った友に感謝の気持ちを忘れず試験に臨んでください。

 本来なら,激励会で直接みなさんを応援したいところですが,新型コロナウイルス感染症対策で自宅での学習を余儀なくされているみなさんのために斎藤校長よりメッセージをいただきました。

 これまでの努力と成長した自分を信じて全力で試験に挑んできてください。全員合格することを教職員一同信じ,願っています。



第111回看護師国家試験の願書提出

 第111回看護師国家試験が令和4年2月13日に施行されることに伴い,大安である11月30日に願書等の書類を提出させていただきました。日頃から清水ヶ丘高等学校を見守ってくださっている,呉市に鎮座して1300年あまりの歴史ある亀山神社に参拝させていただきました。学生一人ひとりが看護師国家試験に向け,より一層の努力を怠らないことを誓い,合格への思いを祈願させていただきました。

看護専攻科34人全員で看護師国家試験に合格できるよう頑張ります。